ディーラー下取りと買取の違い

トラックを手放そうと考えている方の中には、
「新たなトラックを購入する」という方もいると思います。

古くなってしまったトラックの買い替えを考え、
今使っているトラックを手放そうと考えている方も多いと思います。

そんな方は、「ディーラーで、今のトラックは下取りしてもらおう」と
考えている方が多いのではないでしょうか。

では、ディーラーによる下取りと専門店の買取の違いについて、ご紹介しましょう。

下取り、買取と聞くと「どちらも、同じでは?」と思われる方が多いと思います。
しかし、実際には売却時の費用が大きく変わってくる可能性があるんですよ。

まず、ディーラーで下取りをしてもらう方も多いと思いますが、
ディーラーでの下取りというのは、
新たなトラックを購入してもらうための、一つのサービスでしかありません。

そのため、下取り額には力を入れていません。
なぜなら、ディーラーは下取りしたトラックを売却する術が少ないため。

それに比べ、専門店で買取をしてもらう場合にはトラックの買取がメインの仕事となっていますから、
買取後の売却の術もたくさんあります。
買取り額に力を入れているところがほとんど。

ということは、手放そうと考えているトラックは、
専門店で買い取ってもらった方が高い値が付けられる可能性が高いということ。

「出来れば、少しでも高く買い取ってくれれば」と思っている方がほとんどだと思いますが、
一度専門店に見積もりをしてもらいませんか。

買取り額と下取り額を比較しながら、どちらを利用するか検討していくのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です