中古トラック買取時に必要な書類

「トラックを売却したい」と考えている方もいると思います。

仕事などで使っていたトラックが、必要なくなった方もいるでしょう。

車が必要なくなると、廃車にする方もいますが、
まだ利用出来るトラックであれば買取をしてもらった方がお得。

では、中古トラック買取時にはどういった書類が必要となるのか、ご紹介しましょう。

まず、中古トラックを買取する際には業者に依頼することがおすすめ。

個人間で買取をすることも出来ますが、この際にはトラブルになってしまう恐れもあります。
出来れば、専門業者を通した方が、安全といえるでしょう。

買取時には、委任状や自賠責保険証明書、車検証、事業用自動車等連絡所、
譲渡証明書、印鑑登録証明書、自動車納税証明書等の書類が必要となります。

中には、自賠責保険証明書や車検証などを紛失してしまっている方もいると思いますが、
買取を考えている方は早めに再発行の手続きを行っておくと
スムーズに手続きを行うことが出来ますよ。

また、状況によってはプラスの書類が必要となることがあります。
それは、車の所有者が販売店になっていたり、ディーラーやローン会社になっている場合。
こういった時には、所有者の印鑑証明や所有権介助書類、委任状、譲渡書などが必要となります。

車検証の住所が変わっている場合には、
住民票や戸籍の附表などが必要となることもありますので、頭に入れておくと良いでしょう。

所有者が亡くなっている場合には、亡くなった方の戸籍謄本や遺産分割協議書、
委任状などが必要となってきます。

このように、中古トラック買取時には様々な書類が必要となるため、
あらかじめ準備出来るものは準備しておいた方が、
いざという時の手続きがスムーズに進められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です